「ほっ」と。キャンペーン

パティスリポート 「こんな講座&イベントがありました」 

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧




「はなのみ」ジュースでカレーパン


 ■講座 「はなのみ」ジュースでカレーパーティ
 ■日程 7月某日&某日&某日
 ■講師 パティス鈴木博士
 ■協賛 「はなのみ」

 


a0188925_2371351.jpg


夏の定番講座、焼きカレーパン。
毎回、中の具にこだわり、趣向をこらしています。
今年は、「ふじりんご&にんじんジュース」で煮込んだキーマカレー。
さらに、揚げずに、カリカリクルトン状に焼きました。


まず、ニンニク、ショウガ、エシャロットで合挽肉を炒め、
そこに特製カレーパウダー、トマトペースト、ブイヨン、
塩、胡椒を加え、「ふじりんご&にんじんジュース」でさっと煮込みます。
塩っぱいかな、、、と思うくらいの強い味付けがポイント。

醗酵したパン生地で、キーマカレーを包み込み時、
多すぎると破裂し、少ないと、さみしいですね。

キーマカレーを残しておき、
生クリームと「ふじりんご&にんじんジュース」でのばすと、
ご飯に合うカレーの出来上がり〜。

a0188925_23161434.jpg


カリカリのカレーパン、おいしかったですね!
焼きたて、アツアツをいただき、後はお持ちかえり。

デザートは、パティス内でブームになっているかんてんぱぱのトマト寒。
お湯で溶かして、混ぜて、冷やすだけ。。。のところを、
ちょっぴりのお湯で溶かして、後は「ふじりんご&にんじんジュース」で。
かなり、イケます!

a0188925_23214296.jpg

「トマト寒天ゼリーの素」
11種類のリコピンとビタミン入り!
かんてんぱぱオンラインショップ

焼成時間を利用して、特製カレー粉も作りました。
ターメリック、ジンジャー、クローブ、黒胡椒、シナモン…など
13種類のスパイスをブレンドし、自分の好みのカレー粉に。
すぐに使わないで、ちょっと寝かせて下さいね。


さて、今回のフォーカス素材は、「ふじりんご&にんじんジュース」。
リンゴのざらりとした果肉感が残り、いかにもカラダ元気になりそう。
リンゴにニンジンの風味が重なり、と〜っても美味しいです!

a0188925_23263111.jpg


少しだけ冷たくして、ゴクゴク!
夏の間、パティスの常備ジュースになってます。



a0188925_23302276.jpg


その名も、「元気の源セット」
500ml×4本入り  2730円
8/10迄、送料無料!

「はなのみ」
http://www.hananomi.co.jp/


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-31 23:35 | パン

レピキュリアン金子シェフにお話を聞く会

 ■講座 シェフにお話を聞く会
 ■日程 7月某日、暑い午後
 ■講師 「レピキュリアン」金子哲也シェフ
 ■会場 吉祥寺「レピキュリアン」サロン
 ■会費 2000円 ■定員 7名 


レポート by 横瀬俊子 Toshiko Yokose
(スイーツ・ディプロマ2級)

a0188925_2013195.jpg


とても日差しが強い昼下がり、
普段は厨房の中の人、シェフにお話を聞く会がありました。


今回は吉祥寺の「レピキュリアン」金子シェフです。
お店の一角にちょっとしたサロン&カウンターバーがある所で、
金子シェフを囲み、お話とお菓子をいただきました。

a0188925_20165987.jpg

a0188925_20171970.jpg


お店のドアを開けると左側はケーキのショーケース、
右側には金子シェフこだわりの
チンバリのエスプレッソマシーンが鎮座しています。
紅茶はリーフル、珈琲はムセッティー。
かなりのこだわりがうかがえます。
お菓子にもどんなこだわりが聞けるのか楽しみです。

お店に入って直ぐにケーキを注文して席に着席すると、
ドリンクの他にグラス(アイスクリーム)が数種類出てきました。
バニラ、ショコラ、アーモンドシロップ、マルガリータ。

a0188925_20155656.jpg


お菓子が出来る前に先にこちらをどうぞ…ということらしい。
何が出てくるのだろう?待ち遠しい!
このグラスでさらに気持ちが高ぶります。

待つこと数分、金子シェフとお菓子達が出てきました!
スフレ、ペッシェメルバ、杏のクラフティー。

a0188925_20183260.jpg

a0188925_2019064.jpg

a0188925_20193447.jpg


金子シェフ曰く、お持ち帰りではないものを!
そう、ア・ラ・ミニュットです!

注文したケーキ達が次々出てきて、ひとつひとつ説明して
いただきました。その後ひとりずつ質問をしていき、丁寧に
お答え下さいました。

a0188925_20201644.jpg

a0188925_20205661.jpg


金子シェフが考えるパティスリーとは?の質問に、
色々なアイテム(生菓子、セック、コンフィズリーなど)を揃え、
伝統的な精神を大切にすること…だそうです。

お店に並んでいるお菓子達それぞれが、金子シェフの考え、
丁寧で細やかな作業、こだわりの形となって表れています。

穏やかな笑顔で
手をかけることの大切さを教えていただきました。
途中、結婚秘話なども聞けて大いに盛り上がり、
またひとつ、大好きなお店が増えました!
金子シェフありがとうございました!

a0188925_20261341.jpg


「レピキュリアン  L'EPICURIEN」
■住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-5
■電話 0422-46-6288
■最寄駅 吉祥寺


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-18 20:29 | シェフシリーズ

中沢生クリームでお菓子マスター

 ■講座 中沢生クリームでお菓子マスター:チーズケーキ
 ■日程 6月某日
 ■講師 鈴木博士
 ■会場 パティス・ガストロノミー協会サロン
 ■協賛 中沢乳業


レポート by 田中さと

初心者向け、実践お菓子クラスで、
ベイクドとレア、2種類のチーズケーキを作りました。
もともとはレアチーズ派でしたが、
このおかげで、すっかりベイクドファン。
ベイクドチーズのおいしさに、
それも作ってから2日目くらいの、
馴染んだおいしさを知ってしまったのです。

a0188925_13204756.jpg


まず、ひとりずつベイクドチーズを焼きました。
土台はクッキーを砕いたものを敷き、濃厚なチーズを流します。
前回のロールケーキよりは、神経を使わなかったかも。
ただ混ぜていけばよいだけなので、ラクチンです。

a0188925_13214030.jpg


焼いている間に、レアチーズ。
こちらはデモンストレーションですが、
ところどころお手伝いしながら、あっと言う間に完成。

冷やしている間に、
イチゴのジャムが簡単にできて、びっくり。
パティスだと、何でもすぐにできちゃうので、
やってみよう〜!という気になります。

レシピには絶対がなく、
どういう味にしたいかで、
レシピは調節してよいと教えていただきました。
自分の好きな味に向かって、生クリームの量を増やしたり…、
その場で調整していくのが、とってもおもしろかったです。

本を見て作っておいしくないなと思うことがありましたが、
そうか、と思いました。

a0188925_13224546.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今回使った素材>

・中沢生クリーム43%
a0188925_13234655.jpg

パティスの好みは40%以上の生クリーム。
今回はチーズと合わせるので、43%。
ショートケーキは45%くらいが好きですが、生地にもよります。

・サンルイシュクル コンフィシュック ジャム用 1kg
a0188925_132714.jpg

ジャム作りに必要なペクチン、クエン酸が入った砂糖です。

次回の中沢生クリームでお菓子マスターは、
シフォンケーキ、夏のジュレを作ります。

■日程 7月16日(土)11時〜または7月22日(金)11時〜
■会費 3500円(一般4000円)
■会場 パティスガストロノミー協会


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-10 13:30 | お菓子

味覚のレッスン「胡麻」

 ■講座 味覚のレッスン「胡麻」
 ■講師 鈴木博士
 ■日程 2011年6月某日&某日
 ■会場 パティス・ガストロノミー協会 サロン
 ■協賛 「岩井の胡麻油」


レポート by 鈴木悦子(味覚インストラクター)

モノの味を舌で見極めよう!
がテーマの味覚のレッスン。
今回は胡麻油について勉強しました。

知識は後から付いてくるもの、とりあえず、体験、体験…と、
3種類の胡麻油をお豆腐にかけていたただきま〜す!

a0188925_1227852.jpg


薄い色、中間の色、濃い色、3種類の胡麻油。
胡麻のローストの違いで、色も香りも、味もこんなに違う、
冷や奴で味わうにはどれがよいか、化粧油にするにはどうか。

答えはありません。
違うということ、
なぜ違うのかを意識することだけでよいのです。

そして実践篇。
担々麺とジャージャー麺のデモの後、
やっぱりコッチがメインの楽しいランチタイム。
胡麻の香りが食欲をそそり、
スタミナ付きそう、元気が出ます。

a0188925_12284697.jpg


a0188925_1229177.jpg


a0188925_12304410.jpg


デザートも、もちろん胡麻油を使用。
蒸しケーキのマーラカオです。
市販のものと、ぜんぜん違う、香ばしい香り、しっとりした生地。
もう、お腹いっぱいなのに、いただいちゃいました。

食事をしながら、
鈴木先生が作ったという、クイズ「胡麻検定」で
お勉強も、ちゃんとしましたヨ。

お土産に、岩井の胡麻油さんの胡麻油を
1本いただきましたので、しっかり復習したいと思います!

a0188925_1232940.jpg


次回の味覚のレッスンは、バルサミコ。
輸入会社ヴィボンのムッシュ酒井をお迎えし、
バルサミコの勉強をします。

■日程 7月25日(月)11時〜
■会場 パティスガストロノミー協会
■会費 3000円(メンバー限定)


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-09 21:07 | 味覚

ラ・ノブティック日高シェフ講習会

 
 ■講座 パティスリー「ラ・ノブティック」日高シェフに習う夏のお菓子
 ■講師 日高宣博シェフ
 ■日程 2011年6月
 ■会場 パティス・ガストロノミー協会サロン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リポート   松下朋子(スイーツ・ディプロマ1級)

夏の始まりを思わせる、梅雨の晴れ間の一日。
パティスで日高シェフをお招きしての講習会が行われました。
日高シェフといえば、長年、明治記念館のシェフとして
腕をふるい、また、お菓子教室も開催されていました。
昨年、念願のお店を常盤台にオープン。
その時のお話や友好のあるシェフたちとの
裏話など、交えながらの、楽しいひとときとなりました。

a0188925_91318100.jpg


今回のメニューは、4品。
いずれも、簡単で、夏向きのメニュー。
どのメニューもシェフが長年培ってきた経験のもと
できあがったもので、特に「トレハロース」を
上手く、利用されていました。

a0188925_9141792.jpg

・ライムのギモーヴ

a0188925_915179.jpg

・ムワルー・ショコラ

a0188925_9153397.jpg

・白ごまのブランマンジェ

a0188925_9162124.jpg

・タルト・シトロン

どれも、初夏にふさわしい爽やかなお味です。
ひとつだけ。。。ムワルー・ショコラ。
こちらは、季節に関係なく、是非お伝えしたい一品。
「是非、焼きたてを召し上がってください」とのこと。
試食の準備をしながら、焼き上がったムワルー・ショコラをいただく。
ふわっとした食感から、とろっとしたショコラ。
焼きたてをいただける幸せを実感しました。

プロのシェフをお招きしての講習会では、
講習会のメニューの他に、お店のご紹介もかねて
お店のお菓子を一緒に試食をさせていただきます。
今回は、グランガトー5種類。
a0188925_921590.jpg

並べた時の迫力は、言うまでもありません!!!
スペシャリテの「ヴィエノワ」もいただくことができました。

日高シェフは、ブログをまめに書かれているとのこと。
「ブログ、是非みてください!」

「パティスリー ラ・ノブティック」
http://ameblo.jp/noboutique/

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-07 09:25 | シェフシリーズ

寒天スイーツセミナー


■内容 パティスリー「ノリエット」永井シェフ×かんてんぱぱの寒天セミナー
■日程 7月1日(金)
■会場 伊那食品工業「かんてんぱぱ」
■講師 パティスリー「ノリエット」永井シェフ、伊那食品工業・今井氏、菅沼氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リポート島村朝子(スイーツ・ディプロマ3級)

節電の始まった7月1日。
寒天×スイーツセミナーがありました。
a0188925_13205893.jpg


まずは、
パティスリー「ノリエット」永井シェフに寒天デザートを教わりました。
これからの暑い夏にぴったりの「寒天ゼリー」です。

お家で作る寒天デザートといえば、
シンプルに固めた寒天にきなこと黒蜜という印象ですが、
永井シェフの手にかかったら、
寒天があっという間に素敵なデザートになってしまいました。

素材の組み合わせに、
お鍋にロゼを注いだ瞬間に立ち上がる香りに、
できあがりを想像してわくわくします。

寒天の使い方の分かりやすいレクチャーと、
楽しいお話を交えてのデモは、
あっという間に型に流してできあがりです。

a0188925_13232987.jpg

a0188925_13271068.jpg

『ロゼワインとびわ』
ロゼワインの綺麗なピンクとびわのオレンジが印象的な
涼しげな、素敵なデザートでした。
今日はロゼワインのアルコールも楽しめる感じでしたが、
ジュースで作ればこれからの季節の朝ごはんにもぴったりですね!

この後、伊那食品さんに寒天のいろいろを教えていただきました。
a0188925_13283777.jpg

a0188925_1329680.jpg


それにしても、、、
寒天とゼリーは食感の異なるものという認識でしたが、
その境目はもはやないんですね。
伊那食品さんの探究心と技術に感心してしまいました。

いろいろなお話に驚きの連続の中、印象に残ったのが、
寒天は食品以外に、歯医者さんの型取りにも使われているというお話です。

以前、歯医者で働いていた時、
先生が型取りする際に、「かんてんちょうだい」と言っていたんです。
その頃は、日々覚えることがいっぱいで、
この器具、なんだかピンとこない名前だけどそういう名称のものなのね…と思って
いました。
でも、「かんてん=寒天」だったんですね!
びっくりしました。

そして、
社是は「いい会社をつくりましょう」なんです、というお話。

会社のため…というのは一見古い考えのようにも見えるけれど、
好きだと思える会社で働けることって一番なんですよね。

会社のことが好きだったら、どんな仕事もがんばれる気がするから。
そんなことを感じたかんてんぱぱのセミナーでした。

a0188925_13294949.jpg

a0188925_13301043.jpg



パティスリー「ノリエット」 http://www.noliette.jp/
伊那食品工業 かんてんぱぱカフェ http://www.kantenpp.co.jp/


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-03 13:34 | シェフシリーズ

「ノリエット」永井シェフに話を聞く会

■内容 シェフに話を聞く会 
■日程 6月25日(土)夜
■講師 パティスリー「ノリエット」永井シェフ
■会場 パティスリー「ノリエット」サロン


a0188925_1247257.jpg


リポートby MEIKO(スイーツ・ディプロマ3級)

人気シェフに直接お話を聞ける素敵な会。
「ノリエット」のサロンで、シェフを囲み、お菓子をいただきながら、
とても楽しい時間、あっという間のひとときでした。
何度か講習会でお菓子を教えていただいた機会はありましたが、
こんなに身近で、お話、おしゃべり(?)ができ、
永井シェフの本当のお人柄に触れることができました。
講習の時とは、また違った、チャーミングなお人柄です。

a0188925_12461925.jpg

最初になんと、厨房に入れていただけたのです。
これは予定外のようでした。
初めて入るプロの厨房。
お掃除の行き届いた、清潔感ある厨房です。
どこでどういう作業をするのか、
オーブンや珍しい機械について、
永井シェフがいろいろ説明して下さったのですが、
舞い上がってしまって、よく頭に入りませんでした。。。


a0188925_12475271.jpg


その後、お店のサロンでお話タイム。
用意して下さったいろいろなお菓子をひとつひとつ説明下さった後、
ひとりずつ、永井シェフに質問をすることに。
何を聞いてよいか、ドキドキです。
誰の質問にも、気持ちく丁寧に答えて下さって、
またそこから話が膨らみ、お話が尽きません。

いつもいろいろなことをじっくり考えておられるのでしょうね。
そう感じるお答えばかりで、
シェフのことがますます好きになってしまいました。
お菓子作りを教えていただくのも楽しいですが、
ひとつの道を成し遂げているシェフの考えをじっくり聞くことが
こんなに心の栄養になるとは。
永井シェフ、ありがとうございました。


パティスリー「ノリエット」
http://www.noliette.jp/
■住所 世田谷区赤堤4-40-7
■営業 9:00〜19:00 水曜定休
■電話 03-3321-7784
■アクセス 下高井戸駅よりすぐ
■新宿高島屋店内にも支店があります



次回は、吉祥寺「レピキュリアン」金子シェフのお話会です。
■日程 7月12日(火)13時〜14時頃
■会費 2000円
■会場 吉祥寺「レピキュリアン」サロン



これ以前の講座リポートは以下でご覧いただけます。
http://ameblo.jp/patis-patis/


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-03 12:52

パティスガストロノミー協会主催の講座リポート
by hakasenoshokutaku
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

◎ポワソン・ダブリル
at 2015-04-12 23:45
◎ウサギおいし:ビストロ定番..
at 2015-04-10 19:07
◎さくら!桜パーティ
at 2015-04-08 23:04
◎オリーブオイルでパーティ!
at 2014-12-05 16:19
◎ブシュドノエル&シュトーレ..
at 2014-12-05 16:01
◎薫製×ビールの会
at 2014-12-05 15:22
◎たっき〜先生のドーナッツ
at 2014-11-20 00:09
◎粉からパスタ
at 2014-11-18 22:01
◎ラム×らむの会
at 2014-10-30 00:22
◎パイ生地クラス
at 2014-10-25 23:57

ファン

ブログジャンル

画像一覧