パティスリポート 「こんな講座&イベントがありました」 

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧




グルジア料理と文化を知る会

 

 <グルジア料理と文化を知る会>
  ■日程 6月某日
  ■会場 グルジア大使公邸
  ■ゲスト グルジア大使・大使夫人

 
 

レポート by 保坂香子(ガストロノミスト)

夏の始まり、グルジア大使公邸にて
グルジア料理と文化を楽しむ会が開催されました。
グルジアは黒海とカスピ海の間に位置し、美食と長寿の国です。

a0188925_13435131.png


陽も落ちかけたころ、
在日グルジア大使のレヴァズ・ベシッゼ氏からご挨拶があり、
パーティーの幕は開けました。
まずは、グルジアの伝統的な発泡水、ボルジョミで乾杯。

a0188925_13442956.jpg


このお水、とてもカラダによく、
グルジアの人の健康を担っているとのこと。
グルジア政府公認健康水だそうです。

a0188925_13452149.jpg


大使夫人による豪華で、手の込んだお料理の数々をいただきました。
ナスでクルミのペーストを巻いたナスのドルマ、
赤いパプリカに詰め物をしたもの、チキンのサラダ、
チャカプリという羊とハーブを煮込んだスープに
ヒンカリという小籠包の形をした水餃子のようなもの、ローストポークなど。
とにかく一口一口、驚きの美味しさで、皆さん会話も弾んでいたようです。

a0188925_1346392.jpg


そして、グルジアワイン。
白ワイン一種と、赤ワイン4種で、
いずれもフレッシュさの中にも熟した果実やドライフルーツをほのかに感じさせるお味。
なお、グルジアはワインの発祥の地であり、
葡萄も500品種(世界にあるのは2000種といわれている)もの
土着品種があるとのことです。

a0188925_13475593.jpg

鈴木先生によるグルジアのパンのデモンストレーションも大好評。
皆さん熱心に聞いていました。

さて、今回のパーティのお皿とカップは、
WASARAという、日本発のスタイリッシュなブランドのもの。
フォルムの美しさはさることながら、丈夫でとても機能的です。

a0188925_13494136.jpg


紙製なので一度しか使えませんが、
葦、竹、バガス(さとうきびの絞りかす)を使うことによって、
資源の有効利用に繋がっているそうです。

最後に、グルジアの国旗をかたどったとっても大きなケーキと、
クリームたっぷりのデザートをいただき、パーティは幕を閉じました。

a0188925_13513235.jpg


大使と大使夫人のおもてなしのこころにふれたひととき。
そして、グルジアについてもっと知りたい、もっといろいろ食べてみたいとも。
また、このような会が開催されることを楽しみにしています。



 <グルジアのパンと料理の会>

 グルジアのパン、カチャプリを焼き、代表的なお料理、デザートをご紹介。
 簡単な実習ですので、お気軽に参加いただけます。
たっぷりランチ、お持ち帰りも!

  ■日程 11/6(日)、7(月)、8(火)10時〜12時半
              ※同内容ですので、ご希望の日を選択下さい。
  ■会費 5000円
  ■会場 パティスガストロノミー協会
  ■申込み パティスガストロノミー協会  


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-09-13 14:04 | シェフシリーズ

「スリール」岡村シェフの会


「スリール」岡村シェフにお話を聞く会

■会場 パティスリー「スリール」
■日程 9月某日の昼間&夜


銀座・資生堂「ロオジエ」から独立、
6年目を迎えるパティスリー「スリール」岡村シェフにお話を聞きました。

昼間の部、夜の部と2回開催。
それぞれ違った切り口で。
いい加減な答えを返さない、
じっくりと考えてから、言葉にする岡村シェフ。
名言が耳に残っています。

a0188925_23342317.jpg

a0188925_23345661.jpg

レポート by 小野洋子(スイーツ・ディプロマ3級)

「レストランのデセールのように、
オーダーされて作るわけではないパティスリーでは、
お客様に届けたい味を作って
ある意味、受け身で待っていなければならない。

だから、お客様が欲しいというものは
ある程度、用意するべきじゃないか。

昔はミルフィーユに何か足すのは邪道だと思けれど、
お客様からの要望が多かったから
今は作っている。」

というお話がありました。


岡村シェフは「毎日同じ味を作るのがプロ」
とおっしゃっていましたが、
お客様の要望に応える、という姿勢もプロだと感じます。

当たり前だけど、自己満足の商品でお店はできないし
お客様に『SOURIRE』=微笑みを与えたい、
っていう店名通りのシェフの姿勢に心打たれました。

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-09-09 23:35 | シェフシリーズ

「ラヴィイユフランス」木村シェフ×「ラバッツア」エスプレッソ


<スイーツ×エスプレッソセミナー>

■講師 「ラ ヴィエイユ フランス」木村シェフ
   「ラバッツア」公認トレーナー 菊池氏
■会場 片岡物産セミナールーム
■日程 7月某日

a0188925_15263996.jpg

a0188925_15195166.jpg


レポートby 鈴木恭子(スイーツ・ディプロマ4級)

コーヒー好きですが、
エスプレッソは未知の世界。
苦いという印象で、飲まず嫌いだったのが、
このセミナーでおいしさに目覚めてしまいました。
きちんと入れたクレマの厚い(このセミナーで習ったのですが、、、)
エスプレッソは、おいしいのですね。
思い切って、参加して、よかったです。

a0188925_1517356.jpg


前半は、エスプレッソの勉強です。
基本的なことを
ラバッツアの公認トレーナー菊池さんに教えていただきました。
コーヒー色の、、、と紹介にあったとおりで(笑)。
フランクでいて、きちんとお話下さって、しかもイケメン。

後半のスイーツセミナーは、格闘技系の木村シェフのトーク。
人気のお店「ラ ヴィエユ フランス」のオーナーシェフです。

a0188925_0462868.jpg


おふたりとも、個性的で、お話だけでも、
十分すぎるくらい楽しめましたが、やっぱり試食は大切ですね。
いつもパティスで教わっている「マリアージュ」を堪能できました。
木村シェフがコーヒーに合うお菓子をセレクトして下さっていたのです。

a0188925_15225462.jpg


「ラ ヴィエイユ フランス」のお菓子は、木村シェフサイズ?
食べた感があり、大好きですし、
直接、シェフからお菓子の説明もお聞きできました。

何かについて、専門的になさっている方々から、
直接お話を聞くことは、自分の世界を広げてくれます。
とても刺激になりました。

a0188925_15361366.jpg



 <スイーツ×エスプレッソセミナー第2段>

 次回は、パティスリー『1904』松野シェフのチョコレートデモと
 カプチーノの入れ方を教えていただきます。

 ■日程 10月3日(月)午後1時半〜3時半
 ■会場 片岡物産セミナールーム
 ■会費 3575円(メンバー限定)


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-09-03 15:29 | シェフシリーズ

パティスガストロノミー協会主催の講座リポート
by hakasenoshokutaku
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

◎ポワソン・ダブリル
at 2015-04-12 23:45
◎ウサギおいし:ビストロ定番..
at 2015-04-10 19:07
◎さくら!桜パーティ
at 2015-04-08 23:04
◎オリーブオイルでパーティ!
at 2014-12-05 16:19
◎ブシュドノエル&シュトーレ..
at 2014-12-05 16:01
◎薫製×ビールの会
at 2014-12-05 15:22
◎たっき〜先生のドーナッツ
at 2014-11-20 00:09
◎粉からパスタ
at 2014-11-18 22:01
◎ラム×らむの会
at 2014-10-30 00:22
◎パイ生地クラス
at 2014-10-25 23:57

ファン

ブログジャンル

画像一覧