パティスリポート 「こんな講座&イベントがありました」 

カテゴリ:パン( 5 )




世界のパンと料理の会

a0188925_6532393.jpg


日曜日の午前中、
「世界のパンと料理の会:イタリア編」で
たっき〜先生がフォッカッチャを教えてくれました。

a0188925_6554024.jpg


a0188925_656426.jpg


フォッカッチャやピザは、
他のパンに比べて、あまり練らなくてよいそうです。
ささっっとできて、おいしい!
焼きたてはとくに。

冷製パスタと一緒にいただきました。
たっき〜先生、今度は、メロンパンを教えてくれるそうです。



『メロンパン』を作ろう! 
  by国内産小麦粉『花象』

リッチな生地のメロンパンを作ります。
上にかぶせるクッキー生地は、
レモンの皮を刷って入れてるのでレモン風味。

■日程 9/2(日)11:00〜12:30
■会費 2100円/一般2625円
■先生 滝川ひさこ
■会場 パティス原宿教室

_______________
パティスガストロノミー協会
http://www.patis-swing.net/
http://patis-swing.net/
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-7-16 グルー原宿3階
TEL:03-6427-2482 FAX:03-6427-2483
patis_harajuku@ybb.ne.jp

ホームページ http://patis-swing.net/
メインブログ http://patisweet.exblog.jp/
今月のスケジュール http://patisdesu.exblog.jp/
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2012-07-24 06:58 | パン

野菜料理とパンの会

<野菜の会 料理とパンとデザート>レポート

a0188925_13505858.jpg


かぼちゃの季節です。
かぼちゃは、実際、夏に収穫しますが、
いただくのは、今頃になってから、少し時間を置いた方が
甘さが増しておいしいのです。

そこで、10月の<野菜の会>は、かぼちゃ。
かぼちゃでメロンパンを作りました。
メロンパンの形なのに、中がかぼちゃです。

a0188925_1424178.jpg


メロンパンの筋を付ける道具が売ってます。
カミソリで有名な『貝印』さん。おもしろいでしょ。

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-10-23 14:03 | パン

レ・リボを使って


 ■講座 NAKAZAWA「レ・リボ」を使ってみよう
 ■日程 8月某日 
 ■講師 鈴木博士


a0188925_1324696.jpg


「Lait Ribot」(レ・リボ)は、ブルターニュに古くから伝わるバターミルク。
牛乳ではありません。
バターを作る際にできる副産物で、
クリームを分離した後に残る脱脂乳バターミルクを発酵させたものです。
中沢さんより新発売。

彼の地、ブルターニュでは、そのまま飲んだり、
パンやお菓子に使うそうですので、
早速、パティスでも真似してみました。

午前中は、パンです。
水の代わりに「レ・リボ」で捏ねています。

a0188925_12135852.jpg

a0188925_1214313.jpg


ライ麦を加えたカンパーニュ、
サフのインタントドライイーストを使いました。
フルーツや野菜の酵母を起こさなくても、
この「レ・リボ」が独特の風味を生み出してくれるのです。
びっくりしたのは、生地の立ち上がりがよいこと。
乳酸菌のおかげ?

焼きたてパンに、「マルニハム」ソーセージ、
たっぷりのお野菜でランチをし、アイスクリームも。
これは写真を取り忘れました。


午後は「レ・リボ」でお菓子作り。
ブルターニュといえば、ガレットです。
パティスには、自慢のクレーム焼き機があるのです。
もちろん、ブルターニュ製! ふふ。
a0188925_1222065.jpg

a0188925_12201711.jpg



そして、デザートにも「レ・リボ」
イタメレ、生クリーム、「レ・リボ」で作ったムースをふたつに分け、
片方に「ボワロン」グリオットピューレを混ぜて2色にしました。

a0188925_12275275.jpg



a0188925_12253072.jpg

この「ボワロン」グリオットピューレ、色がたまりません。
深い深い、赤いフルーツの色なのです。


カンパーニュも、ガレットもムースもとてもおいしかったので、
第3弾、「レ・リボ」を使ってみようの会を行います。
ぜひ、ご参加下さいませ。

「レ・リボ」でパン作り、お菓子作り!

(1)ブルターニュのあみあみパンを焼こう+豚のリエット!
■日程 9月22日(木)11時〜、9月23日(祝)13時〜
■会費 3150円 /「レ・リボ」1本付
■会場 パティス

(2)クイニーアマンを焼こう+アイスクリーム
■日程 9月22日(木)11時〜、9月23日(祝)13時〜
■会費 3150円/「レ・リボ」1本付
■会場 パティス


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-08-20 12:41 | パン

世界のパン:ブルガリア

 

 ■講座 世界のパンと料理の会「ブルガリア」
 ■日程 7月某日&某日
 ■講師 パティス鈴木博士
 


世界中にはいろいろなパンがあります。
ルーツはどこにあるんだろう…
なんてことを考える「世界のパンと料理の会」。
今回はブルガリアです。

a0188925_17553482.jpg


ブルガリア…
とってもよいイメージがあります。
広がる高原、民族衣装をまとった女性たち、そしてヨーグルト。
明治ブルガリアヨーグルトの映像の力はすごい。
ブルガリア政府は、
明治乳業に国民栄誉賞的なものを上げても足りないのでは…?、
日本人はブルガリアに、とてもよい印象を持っていると思われます。

講座の前に、
ブルガリアの勉強のため、ブルガリアレストラン「ソフィア」へ行き、
いろいろ聞いてまいりました。
レストランでお食事の前に、礼儀を守り?
日本にいる有名なブルガリア人と記念撮影。
a0188925_17452833.jpg


さて、講座は、パンがメインですので、
最初は、パン生地と格闘です。
a0188925_17561372.jpg


薄くのした生地に、バター、ヨーグルトを塗り、
こんな感じに焼き上げました。
ヒマワリのパンです。

a0188925_1758739.jpg

a0188925_17584292.jpg


醗酵&焼成時間に、
冷たいスープ、サラダ、煮込み料理、さらにはデザートも作りました。
どれもヨーグルトを使っています。


ブルガリア人にとって、ヨーグルトはとても大切なもの。
もともとは、その家庭ごとの味があったとか。
日本のぬかみそ的な位置かもしれません。
今、日本人の家庭にぬか床が無くなりつつあるように、
ブルガリアでもヨーグルトは外で買う物になってしまったそうです。

日本のぬかみそ文化は消えそうです。
(うちにもありませんので、偉そうに言えませんが)
お漬け物とヨーグルト、どっちを多く、日本人は食べているのか、
ちょっと心配になりました。

ブルガリアのパンと料理を介して、
日本を見つめることもできたりして…。
a0188925_1814571.gif

a0188925_1821189.gif

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-08-02 18:05 | パン

「はなのみ」ジュースでカレーパン


 ■講座 「はなのみ」ジュースでカレーパーティ
 ■日程 7月某日&某日&某日
 ■講師 パティス鈴木博士
 ■協賛 「はなのみ」

 


a0188925_2371351.jpg


夏の定番講座、焼きカレーパン。
毎回、中の具にこだわり、趣向をこらしています。
今年は、「ふじりんご&にんじんジュース」で煮込んだキーマカレー。
さらに、揚げずに、カリカリクルトン状に焼きました。


まず、ニンニク、ショウガ、エシャロットで合挽肉を炒め、
そこに特製カレーパウダー、トマトペースト、ブイヨン、
塩、胡椒を加え、「ふじりんご&にんじんジュース」でさっと煮込みます。
塩っぱいかな、、、と思うくらいの強い味付けがポイント。

醗酵したパン生地で、キーマカレーを包み込み時、
多すぎると破裂し、少ないと、さみしいですね。

キーマカレーを残しておき、
生クリームと「ふじりんご&にんじんジュース」でのばすと、
ご飯に合うカレーの出来上がり〜。

a0188925_23161434.jpg


カリカリのカレーパン、おいしかったですね!
焼きたて、アツアツをいただき、後はお持ちかえり。

デザートは、パティス内でブームになっているかんてんぱぱのトマト寒。
お湯で溶かして、混ぜて、冷やすだけ。。。のところを、
ちょっぴりのお湯で溶かして、後は「ふじりんご&にんじんジュース」で。
かなり、イケます!

a0188925_23214296.jpg

「トマト寒天ゼリーの素」
11種類のリコピンとビタミン入り!
かんてんぱぱオンラインショップ

焼成時間を利用して、特製カレー粉も作りました。
ターメリック、ジンジャー、クローブ、黒胡椒、シナモン…など
13種類のスパイスをブレンドし、自分の好みのカレー粉に。
すぐに使わないで、ちょっと寝かせて下さいね。


さて、今回のフォーカス素材は、「ふじりんご&にんじんジュース」。
リンゴのざらりとした果肉感が残り、いかにもカラダ元気になりそう。
リンゴにニンジンの風味が重なり、と〜っても美味しいです!

a0188925_23263111.jpg


少しだけ冷たくして、ゴクゴク!
夏の間、パティスの常備ジュースになってます。



a0188925_23302276.jpg


その名も、「元気の源セット」
500ml×4本入り  2730円
8/10迄、送料無料!

「はなのみ」
http://www.hananomi.co.jp/


______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]



by hakasenoshokutaku | 2011-07-31 23:35 | パン

パティスガストロノミー協会主催の講座リポート
by hakasenoshokutaku
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧